×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

OTHER
IE,6で動作確認
無断リンクOK
Since,2004,9,1
(C) カザマ
MENU
About
Log
Link
Bbs
Mail

  次元転移



6月7日
その内ブログに移転します。

−−−
さんざんっぱら本サイトであるここの更新をサボってる間に、僕はといえば部活のパソコンで簡単&強力なブラクラを作成したり、あまつさえそれで自爆して液晶画面が真っ青になったりみたいな、まるっきり儚い夢だと思っていた「青春」みたいな感じの生活を満喫していたのですが、やはり時の流れは無常。忍び寄る世紀末大魔王こと定期考査が、まるで死神の如く訪れました。

試験前日。持ち前の「何とかなるさ」精神をフル活用して試験勉強をサボり倒す苦行に挑んでいたわけですが、パソコンに向かってカタカタカタカタ音を鳴らす機械になっていた僕の背後には母親という不動明王が仁王立ちしていて、「貴様赤点取ったら予備校に叩き込む」というギガデインに似た系統の呪文を発動しやがったので泣く泣くPCを離れ、さあいざ行わん試験勉強!といった面持ちで教科書とシャーペンを手に机に向かった僕はいつの間にかペン回しに夢中になっていました。ええ、たっぷり4時間ほどペンと戯れていました。その甲斐あってかソニック(注意・ペン回しの技名)が僅かに上達しているようにも見えなくもないレベルにまで自分を高めることが出来ました。実に感無量です。でまあ要約すると一切勉強せずにレッツ定期考査。結果だけ先に述べると、見事木っ端微塵でした。もう跡形も残りませんでした。

最初の英語が63点で、まあそこそこかな?と思って安心したのがそもそもの間違いだった。続く数学で何と史上最低点を更新。テストを見た瞬間思わず地に伏しました。膝からガックリと崩れ落ち、まさにOTZ の格好を体現し、クラスメイトから失笑を買いました。しかしまだまだテストは攻撃の手を緩めません。国語、生物、地理、倫理と立て続けに襲ってくる氷の刃。致死量寸前まで追い詰められたところに奴が帰ってきました。その名はOCI。平たく言えば英会話。

正直言って、これは大丈夫だと思ってた。ヤマを張ったから、赤点は無いと思ってた。そして帰ってくるとき、「赤点は二人しかいない」という先生の発言にも安心した。なんせ41人だ。大丈夫。俺だけは大丈夫。まるで根拠の無い自信を胸に帰ってきたテストを開くとそこには「25」という即死系呪文。どうやら張ったヤマは何者かに操作されているかのように、ことごとく外れたようだった。赤点。見まごうことなき赤点。見た瞬間顔が真っ青になった。呆然とその場に立ちすくんだ。そしてその時、僕は世の真理を悟った。本当に絶望した時、人というものは、泣くのでも憤怒するのでもなく、ただただ、力なく笑うものなのだと知った。「ハハハハ・・・」今までの思い出(高校受験前日に徹夜でパワプロのサクセスをしたこと、GWに二日間徹夜してエロゲーをやったこと等)が走馬灯のように駆け巡り、それが消えた頃、残ったものはただの虚脱した僕の抜け殻だった。死んだ。終わった。終了した。


アニメでよくある敵キャラに洗脳された味方のキャラみたいな目で家に帰還。母親登場。「テストの結果どうだった?」雄弁は銀沈黙は金ということで黙って解答用紙を献上すると、にわかに曇りだす母上の顔。ガガガガガガ。あまりの恐ろしさについ口がすべり、「つ、次頑張るから!マジで!本気で!」発言。にわかににやけ始める母上の顔。「じゃあ、次がんばれよ。」冷笑とも嘲笑ともとれる微笑を顔面に湛えながら去っていく母の背中を眺めながら激しく後悔。言ってしまった。そう、俺はいわゆるクビシメロマンチスト。不必要な発言で自分の首を絞め、さらに自身を窮地に追い込んでいく特殊技能の持ち主なのだ!僕は一体何を言ってるんだろうという内なるツッコミが聞こえてきたので終了。付け加えると、どうやら期末は7月の5日あたりに行われるそう。ちなみに勉強する気はまるでありません。そんなゴミクズ高校生こと僕の携帯で一番よく使われる定型文は「世界なんて滅びてしまえばいいのに」です^^!!